カードローン申し込み時の在籍電話確認

カードローンの申し込みをした際には、基本的に本人確認や在籍確認の電話がかかってきます。

本人確認、在籍確認の電話は、申し込みをした人が本人であるかどうか、記載されている住所、氏名、仕事先などが正しい情報かどうかを調べるものになります。

この電話確認、在籍確認が上手く行われないと契約することはできないのですが、電話確認は、自宅電話、自身の携帯電話などに電話がかかってくるのですが、在籍確認は、 職場に電話がかかってきます。

これは、本当に記載されている仕事場で働いているのかということを確認するためですが、銀行や消費者金融からの電話であるということは明かさずに、個人名で電話をしてくることがほとんどです。

会社に消費者金融からお金を借りることが知られると、いろいろまずいという人もいるかと思いますが、基本的には、銀行、消費者金融からの電話であるとはわからないようになっています。

金融機関によっては、電話確認、在籍確認をしないというところもあるのですが、どのように電話確認、在籍確認をしてくるのか気になるという人は、申し込み時に、しっかりと質問しておくといいようです。

この電話確認と在籍確認ですが、上手く確認が取れないと、審査には通らないと考えて間違いありません。

また、確認がとれたとしても、記載されている情報と、実際の会社名や勤務先が異なっているようなことがあると、審査には通らなくなってしまいます。

なので、電話確認、在籍確認はもちろん、その前に行う申込みも、しっかりと行わなければなりません。

このページの先頭へ