イメージ画像

フリーターでも申し込めるカードローン一覧。アルバイトでも安心してキャッシングできます。スマホ・パソコンから24時間、365日申し込めます。

フリーターでも一定条件を満たせばカードローンを申し込める

カードローンで即日融資でお金を借りる際には、収入があるということが条件になります。 なので、フリーターでもパートでも一定の収入がある人であれば、カードローンの申し込みをすることができます。 正社員として働いている人はもちろん、フリーターさんであっても、申し込みをすることができます。

アルバイトは、カードローンの利用ができないのではないかと考えている人もいるかもしれませんが、実際には、そうしたことはなくて、収入があればフリーターであっても、カードローンの利用をすることができます。 銀行、消費者金融のどちらもフリーターであってもカードローンの借り入れをすることができるので、好きなところに申し込みをすることができます。

ただ、フリーターでもパートでも申し込みをしても審査が厳しいところであると、審査に落とされてしまうこともあるので、そこのところは気を付けなければなりません。 あらかじめ簡易審査などを受けておいて、大丈夫そうであるなら、申し込みをするというようにしていくといいようです。

また、フリーターということで、収入などがあまり多くない場合は、一度に借りることができる金額は、それほど多くないことがほとんどです。 しかし、初めは少ない金額でも、徐々に借り入れることのできる金額を増やしていくこともできるので、まずはしっかりと返済をしていくようにしましょう。 反対に、フリーターに限らず、正社員であってもカードローンの借り入れができないのが、借金のある人や自己破産をした人などになります。 こうした人は、雇用形態に限らずに、カードローンの利用ができないことがほとんどです。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違い、メリットやデメリット

フリーターでもパートでも正社員でも主婦でもお金が必要になったときには、カードローンを利用してお金を借りることができます。

収入のある人であれば、どこの金融機関であっても申し込みをして借り入れをすることができるので、急にお金が必要になったときなどにカードローンを利用すると、非常の便利です。 最近ではテレビなどでもカードローンを使ったキャッシングのCMが多く流れているので、以前に比べるとかなり身近になってきました。 このカードローンについては、すでに利用したことがあるという人から、まだ利用したことがなくて、よくわからないという人もいるかと思います。

まず、カードローンには、銀行のカードローンと、消費者金融のカードローンがあります。 どちらも同じようにカードローンを利用してお金を借りることができるのですが、いろいろと違う部分あり、それぞれにメリット、デメリットがあります。 銀行カードローンのメリットというと、何よりも大きな金額を借りることができるということになります。 多くの銀行では、カードローンで利用できる限度額は800万円以上となっていて、消費者金融よりも限度額が高くなっています。 なので、その気になれば、借り入れ限度上限までの大きな金額を借り入れることも可能です。

一方、消費者金融カードローンの場合は、銀行に比べると、利用限度額は、それほど高くはなく、500万円が上限というところが多くなっています。 それぞれの金融機関で上限は異なるのですが、おおまかに見て上限は、このように異なっています。 さらに消費者金融の場合は、総量規制というものがあり、年収の三分の一以上は借り入れができないようになっています。フリーターの方は正社員に比べると収入が少ないので借りれる額も少なくなってしまいます。 なので、どうしてもお金を借りる際には、自身の収入に合わせた形でしか借りることができないようになっています。

これは消費者金融のデメリットでもあるのですが、銀行カードローンの場合は、総量規制がないので、年収の三分の一以上借り入れることも可能になっています。 このように銀行カードローンでは、大きな金額を借りることができるのですが、これが銀行カードローンの大きなメリットといえます。

ただ、銀行カードローンにもデメリットがあります。 それは、審査が厳しいということで、消費者金融に比べると、審査は厳しく、誰でもカードローンの利用ができるというわけではありません。 ある程度、収入があって審査を受けたのだけれど、審査に落ちてしまったという人が多くいて、審査は厳しめとなっています。とはいってもフリーターだから審査に通らないというわけではありません。 また、審査も消費者金融に比べると、審査に時間がかかってしまいます。 即日融資を謳う銀行カードローンもあるのですが、即日審査を期待して、申し込みをしたものの審査に時間がかかってしまって即時融資が受けられないということもあり、こうしたところが銀行カードローンの大きなデメリットとなっています。

反対に、消費者金融カードローンの場合は、銀行カードローンに比べると審査はやさしいといわれています。しかし、フリーターでも必ず審査に通るということはありません。 銀行カードローンの審査に落ちてしまった人が、消費者金融のカードローンの審査に通ったということも見られ、申し込みをした人に変化はないのですが、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、審査にこうした違いが見られます。 これが消費者金融カードローンの大きなメリットとなっていて、利用のしやすさにつながっています。

そして、消費者金融カードローンは、審査にかかる時間も短く、即日融資が受けられます。 審査にかかる時間は、最短で30分といわれていて、申し込みをしてから1時間以内に借り入れをすることができます。

こうした早い借り入れが可能になっているのも消費者金融カードローンの大きなメリットで、急にお金が必要になった時などに重宝します。 このように審査にかかる時間が短く、すぐに借り入れをすることができるということが、銀行カードローンと消費者金融カードローンでの大きな違いで、その分だけメリット、デメリットとして現れています。

また、銀行カードローンと消費者金融カードローンを比べてみると、消費者金融カードローンの方が、銀行カードローンに比べると、利便性がよく柔軟性に優れているということがいえます。 これは、ポイントサービスや、返済が遅れてしまった際の対応などになりますが、ポイントサービスでATM手数料が無料になるということや、万が一、返済が遅れてしまった場合でも、消費者金融カードローンは、厳しい措置を取らないことがほとんどです反対に、銀行カードローンの場合は、厳しい措置を取ることが多くあります。

さらに借り入れをする際の金利についても銀行と消費者金融カードローンで大きく異なっています。 銀行カードローンの場合は、全体的に金利が低くなっていて、利用しやすいのが大きなメリットであるのですが、反対に、消費者金融カードローンは、銀行カードローンに比べると、金利は高めになっています。

金利が高いと、その分だけ返済する金額も大きくなってしまうので、大きなデメリットといえます。 こうしたことがあるために、銀行カードローンを利用するという人も多く、借りやすさはあるものの、金利が高いというのが消費者金融カードローンの大きなデメリットであるのは 間違いないようです。 このように同じカードローンであっても、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、それぞれにメリットとデメリットが見られます。 これらのメリット、デメリットの他にも、消費者金融カードローンよりは、銀行カードローンの方が、安心して利用できるという心理的な側面でのメリットや、消費者金融の方が、無人契約機での契約やコンビニ提携ATMによる返済がしやすいので、契約・返済がしやすいというメリットがあります。

コンビニ提携ATMは、各金融機関で異なるのですが、消費者金融カードローンの無人契約機は、消費者金融カードローンならではのことで、カードローンの申し込みをなるべく人に見られたくないという人にとってはうれしいサービスといえます。   どちらのカードローンを利用するにしても、細かい違いやメリットとデメリットがあるのですが、利用をする前に、それらを総合してよく考えて、自分に合ったところで借り入れをするようにしていくといいようです。

このページの先頭へ